3 min read

キレイな前髪を作るコツ

0

こんにちは!!grit.コラム編集部です!

grit.は福島県郡山市でヘアサロン、パーソナルジムを中心にクリエイティブなトータルビューティスタジオを運営しています。

パーソナルジムgrit.として2024年2月から取り組む新プロジェクトですが、grit.に関わって頂いてる方に向けて、

メタボリック対策やカタボリック対策、ダイエットを目指す方に向けて効果のあるトレーニング方法や、トレーニング後におすすめのプロテインについて発信したり、

デトックスに興味のある方に向けてファスティングの始め方から、ファスティングドリンクなどの情報等々、トレーニング器具の紹介、

美容法など、トータルビューティーで美意識、健康意識、つまりはQOLを向上させ、人生を豊かにしようとする皆さんのサポートをさせて頂きたいという気持ちで発信していこうと定期コラムを始めます。

更新は基本的に金曜と土曜の週2回予定です。

気になっている方はぜひお気に入り登録をしていただけると幸いです。

視聴者さん参加型のイベントやボディメイクコンテスト、ダイエットバトルなど楽しい企画もどんどん取り入れていこうと思います。

皆さんの美容と健康にコミットしていきます!!

「普段とは違う髪型に挑戦してみたいけど、なんだか不安…」そんなときは、大胆なヘアセットはせずに、前髪を巻いたり流したりして少し変化を加え、イメージチェンジを図るのがオススメです!

今回は、ストレートアイロンさえあれば手軽に挑戦できる、上手な前髪の巻き方・流し方について解説して行きます。

キレイな前髪を作るコツ

キレイに前髪をスタイリングするのに必要なこと、それが下準備です。忙しい時など、面倒に感じることも多いかと思いますが、しっかり下準備をしておけば、キレイに髪の毛を巻くことができるので、忘れずに行いましょう。

前髪を濡らす

まずは前髪を濡らしましょう。これで、前髪の根元についたクセや前髪の分け目を元に戻すことができます。

根元のクセを直さずにスタイリングをすると、キレイな仕上がりにならなかったり、前髪の形が崩れやすくなる原因になります。この一手間が、キレイな前髪を作るためのポイントです。

前髪を乾かす

前髪を乾かすときは、前髪にクセをつけないように気を付けながらブローをして乾かしましょう。ブローをするときは、前髪の形を崩さないように、沿わせるようなイメージで風をあてます。このとき、頭を少し前に傾けて後頭部からドライヤーの風を送り、前髪の生え際にあてると、前髪の形が崩れにくくなります。

また、髪の毛を乾かすタイミングについてですが、濡らした後、なるべく早くブローをして乾かしましょう。髪の根元が自然乾燥してしまうと、せっかく直したクセが元に戻ってしまいます。出来るだけ早く、可能であれば濡らしてから1分以内に乾かし始めるのが望ましいです。

ストレートアイロンを使って前髪に変化を加えよう

下準備を終わらせたら、後はストレートアイロンを使って前髪を巻くだけです!ここでは、ストレートアイロンを使ったアレンジのコツについて紹介していきます。アイロンを使用するときは、おでこを火傷しないように気を付けましょう。

ふんわりとワンカール「ルルバング」

前髪を伸ばしている方にオススメしたいアレンジ、それが「ルルバング」です。スタイリング方法は、伸ばしかけの前髪をワンカールして両サイドに流すだけ。透明感のあるアンニュイなヘアスタイルに近づけてくれる巻き方です。

1. 顔周りの髪を耳にかけてブロッキングする。

2. 前髪を4つに分けて束にする。

3. 1度アイロンを使い熱を入れる。

4. 前髪を立ち上げて、アイロンで挟み込む。

5. 真ん中にかけて内巻きにします。少し強めに巻くのがポイントです。

6. 真ん中を挟み込み、毛先に向けて内巻きにしつつ、後ろに流す。

7. 同じく、耳側の髪も後ろに流す。

8. 逆側の髪も同じ様に巻く。

9. 8ができたらブロッキングを取り外し、毛束をつまみ、髪の根元を立ち上げる。

ポイントは、前髪を立ち上げた後に根元からアイロンで挟み込むこと。こうして立体感を出すことで、キレイに仕上がります。

また、小さめのストレートヘアアイロンを使うのもポイントです。サイズの小さく、プレート幅の狭いヘアアイロンを使用することで、前髪やショートヘアーのスタイリングがやりやすくなります。

前髪を流すだけで大人っぽく「流し前髪」

前髪を流すだけで簡単に大人っぽさを出せる「流し前髪」もオススメしたいヘアアレンジの1つです。「流し前髪」を上手に作るポイントは分け目のクセづけ。上手にクセを付けていきましょう。

1. 分け目を作る部分の髪の毛をストレートアイロンで挟み、好みの方向に向けて巻く。前髪全体の中でも分け目部分の髪の毛に1番クセが付くように、しっかり巻くのがポイントです。

2. 分け目部分以外の前髪を2〜3分割し、それぞれの毛束の真ん中から毛先の部分を巻いて、自分が流したい方向へ流す。このとき、自然に見えるように流すと仕上がりがキレイになります。

3. 毛束をほぐして、ナチュラルなスタイルになるよう整える。

ポイントは、分け目部分を除いて、前髪をカールさせすぎずに髪の毛の流れがナチュラルに見せることです。また、分け目を強くカールさせることで、他の部分を強く巻かずに自然で流れるような前髪を作ることができます。

前髪セットをするときはストレートアイロンを使い分けよう

ストレートアイロンのサイズには様々あり、髪の長さやヘアスタイルによって上手に使い分けるのがオススメです。

例えば、今回ご紹介した「ルルバング」をつくるには小さめのストレートアイロンが適しています。

前髪セットをやり直す方法

セットした前髪が気に入らなかったとき、もう一度ヘアアイロンを使って巻き直している方も多いかと思います。ですが、髪を何度も巻き直すことはオススメできません。高温のヘアアイロンを使い繰り返し髪を巻いていると、どうしても髪に負担が掛かってしまいます。

だからといって、失敗した前髪をそのままにはできませんよね。ここでは、ヘアアイロンを使わずに前髪を元の状態に戻す方法を2つご紹介します。

濡らして元に戻す

1. 前髪を根本から毛先まで濡らす

2. 前髪の形にそわせてドライヤーをあてる

スタイリング前の下準備とほとんど同じ方法で簡単に前髪を元の状態に戻すことができます。 ドライヤーで前髪を乾かして元の状態に戻したら、もう1度髪をスタイリングしましょう。

蒸しタオルを使って元に戻す

「濡らすのが面倒」と感じる方には蒸しタオルを使った方法もオススメです。

1. 元に戻したい部分を蒸しタオルで挟む

2. くしで前髪をとかしクセがとれたら乾かす

こちらも簡単に前髪を元の状態に戻せる便利なテクニックです。もし、くしで前髪をとかしてもクセがとれないときは、もう1度蒸しタオルで挟んでクセをとればOKです。

まとめ

今回はストレートアイロンを使って前髪をアレンジする方法を紹介しました!今回ご紹介した方法で前髪を巻くだけでも印象を大きく変えることができますので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

美容師がオススメするヘアアイロンはこれ!

https://amzn.to/3VSEpg6 

https://amzn.to/3VSEpg6