6 min read

「白髪ぼかしハイライト」と「脱白髪染め」

0

こんにちは!!grit.コラム編集部です!

grit.は福島県郡山市でヘアサロン、パーソナルジムを中心にクリエイティブなトータルビューティスタジオを運営しています。

パーソナルジムgrit.として2024年2月から取り組む新プロジェクトですが、grit.に関わって頂いてる方に向けて、

メタボリック対策やカタボリック対策、ダイエットを目指す方に向けて効果のあるトレーニング方法や、トレーニング後におすすめのプロテインについて発信したり、

デトックスに興味のある方に向けてファスティングの始め方から、ファスティングドリンクなどの情報等々、トレーニング器具の紹介、

美容法など、トータルビューティーで美意識、健康意識、つまりはQOLを向上させ、人生を豊かにしようとする皆さんのサポートをさせて頂きたいという気持ちで発信していこうと定期コラムを始めます。

更新は基本的に金曜と土曜の週2回予定です。

気になっている方はぜひお気に入り登録をしていただけると幸いです。

視聴者さん参加型のイベントやボディメイクコンテスト、ダイエットバトルなど楽しい企画もどんどん取り入れていこうと思います。

皆さんの美容と健康にコミットしていきます!!

皆さんは「白髪ぼかしハイライト」や「脱白髪染め」と言うカラーリング方法をご存知でしょうか?実はこの2つ、最近TVやSNSなどを通して話題になっているんです。

「どういう仕組みで染めているの?」「試してみたいけど、ちゃんと白髪が染まるのか不安…」など、近年話題になり始めたカラーリング方法だからこそ、色々と疑問に思うことがあるのではないでしょうか?

そこで今回は、そんな皆さんの疑問にお答えすべく、「白髪ぼかしハイライト」について詳しく、そして分かりやすく解説していこうと思います。白髪ぼかしハイライトを試してみたい方の参考になれば幸いです!

白髪ぼかしハイライトについて

そもそも、「白髪ぼかしハイライト」とは、名前の通り「白髪をボカすことを目的としたハイライト」のことです。「脱色白髪染め」と呼ばれることもあります。

一般的な白髪染めと白髪ぼかしハイライトの大きな違いは、白髪を「染める」のではなく「ボカす」ことで目立ちにくくするところにあります。

そのため、一般的な白髪染め用のカラーではなく、ファッションカラーを使って白髪を染めるので、白髪染めよりも明るい色に染められるのが特徴です。

むしろ、髪の色を明るくすることでより白髪になじみやすくなり、髪の毛が伸びてきても目立ちにくいのが白髪ぼかしハイライトのメリットでもあります。

「白髪を隠しつつ明るい髪色にも挑戦したい!」と担当の美容師さんに伝えるも、「明るい髪色にすると白髪を染められませんよ」と言われ、思うような明るさの髪色にならなかった。そんな経験がある方にオススメしたいカラーリングメニューです!

白髪ぼかしハイライトの技術を用いれば、気になる白髪に対処しながら、通常の白髪染めでは実現できない明るい色に染めることができます。

どうして白髪ぼかしハイライトで白髪が染まるの?

冒頭でお話したように、白髪ぼかしハイライトの施術では白髪染めは使用しません。

では、どうやって白髪を染めているのか?

実は、厳密には「白髪を染めている」のではなく「白髪が目立ちにくくなるように染めている」のです。とはいえ、もちろん実際には白髪が染まっているような見た目になります。

一般的なハイライトとは違い、白髪ぼかしハイライトの施術ではカラーを根本から細かく入れます。また、白髪の生え方や量などに合わせてカラーを入れていきます。

これを行うことで、白髪以外の髪の毛を細かく明るくし「白髪のような髪の毛」を作り出します。そうして髪の毛を明るくした後に、もう1度カラーを入れていきます。

こうして、白髪とそれ以外の髪の毛をなじませることで、白髪染めではなくファッションカラーを使い白髪をカバーできます。

白髪染めではなくファッションカラーを使用することで、白髪に悩まされることなく、好きな明るさの髪色に挑戦出来る!これが白髪ぼかしハイライトの特徴であり、大きなメリットです。

染めずに白髪をちゃんとカバーできるの?髪が伸びて来たら気にならないの?

白髪ぼかしハイライトに興味はあるけれど試せていない方の多くが、このような疑問を持っているのではないでしょうか?

結論からお伝えしてしまうと、白髪ぼかしハイライトの施術では白髪染めを使用しないため、白髪はしっかり染まりません。ですが、それは意図的なものです。

あえてしっかり染めない理由には、「髪色を明るくする」ためや「髪が伸びても気にならないようにする」ためといったものがあります。

例えば、白髪染めの場合、白髪をしっかり染めます。そのため、髪の毛が伸びるにつれて、伸びて来た部分と白髪の部分がはっきり分かれてしまいます。

その結果、伸びて根元が白くなった白髪を短期間で何度も染め直すことになりがちです。

それに比べ、白髪ぼかしハイライトの場合は、根元から入れる細かいハイライトで白髪をボカすため、「しっかり」染めずに、「ほんのり」染めます。

ほんのり染めてボカしているため、髪の毛が伸びて来ても白髪がうきにくく、白髪染めと比べて、確実に目立ちにくくなります。

白髪の色はとても明るく、髪の毛が伸びるにつれて根元と毛先のコントラストが目立ってしまいます。

ですが、白髪ぼかしハイライトを入れると毛先の色も明るくなるため、髪の毛が伸びて来ても髪の根元から先にかけてグラデーションがかかっているように見えます。

そのため、白髪染めを使用した時と比べ、白髪が伸びて来ても根元が気になりにくくなるのです。

これが白髪ぼかしグラデーションで染めると、髪が伸びてきても根本が目立ちにくい理由であり、大きなメリットです!

既に白髪染めをしていている髪でもできるの?

施術を受ける際、髪色の明るさが8トーン以上であれば白髪ぼかしハイトーンを入れることができます。

ですが、髪色の明るさが7トーン以下の場合は、希望の明るさに染めるために何度か施術を受けなければならない可能性があります。(地毛の髪色であれば問題無く施術を受けられます。)

これは、黒染めをした髪の髪色が明るい色に染まりにくいのと同じで、白髪染めをしていると、髪に残っている染料が原因で髪色が明るい色に染まりにくくなります。

その場合は

 

・期間を空けて何度かハイライトを入れて、少しずつ髪色を明るくする方法。

・始めに脱染剤やブリーチを使い、髪に残っている染料を取り除く方法。

などがあります。

こうした方法を取る場合は、髪にそれなりの負担が掛かってしまうので、希望の髪色とデザインについて美容師さんに相談してみましょう。

白髪ぼかしハイライトのメリット

・白髪染めではできない、明るい色に髪を染められる

・ボカして染めるため、髪が伸びて来ても根元が気になりにくい

・白髪染めをしたときの赤茶っぽさが解消される

・周囲とは違う髪色にできる

・白髪が気になりづらくなるので、毎日を快適に過ごせる

白髪ぼかしハイライトの大きなメリットの1つが明るい髪色を手に入れられることです。

これまで「白髪を染められないから」と言う理由で明るい髪色に挑戦できなかった方も、好みの明るさに染めることができます。

また、髪が伸びても根元が気になりにくいので、白髪染めをするよりも、白髪が原因でストレスを感じにくくなります!

白髪ぼかしハイライトのデメリット

・ブリーチをするため、髪へのダメージは避けられない

・お仕事などで髪色を明るくできない方には不向き

・白髪染めにと比較して、色落ちまでの期間が短い

白髪ぼかしハイライトは「髪色を明るくして白髪を気になりにくくする」技術です。

そのため、髪を明るい色に染められない方、暗い色をご希望の方には白髪染めがオススメです。

明るい染料のため、白髪染めと比較して色落ちが早く感じるはずです。ですが、色落ちが早いからこそ、その過程を楽しめるとも捉えられます。

気になるダメージに関してですが、正直なところ、髪に多少の負担が掛かることは避けられません。

ですが、近年はケアカラーやケアブリーチなどの「できるだけ髪への負担を減らした」ものが多く存在します。

そのため、髪に大きな負担を掛けることなくカラーを入れることが可能です。細かく入れるである白髪ぼかしハイライトは、ブリーチを必要とするカラーの中では、かなり髪が傷みにくいものだといえます。

また、その後のカラーを入れる際に行うトリートメントやご自宅でのヘアケアなどでもダメージを軽減できます。

一般的なハイライトと白髪ぼかしハイライトの違いって?

一般的なハイライトは、ハイライト部分が目立つように入れます。

もちろん、デザインにより異なりますが、せっかく入れるハイライトを活かしてデザインとして認識できるよう、目立つように入れる場合が多いです。

それに比べ、多くの場合、白髪ぼかしハイライトは白髪とそれ以外の髪をなじませるのが目的なので、ハイライトの部分がクッキリと分かりやすくならないように入れる場合が多いです。

とはいえ、デザイン性を意識して太くクッキリとハイライトを入れることも可能です。

まとめると、白髪ぼかしハイライトと一般的なハイライトの大きな違いはその目的です。

白髪ぼかしハイライトを入れる主な目的は、白髪とそれ以外の髪をなじませることです。そのため、ハイライトの入れ方が一般的なハイライトとは異なります。

白髪ぼかしハイライトを入れる頻度はどれくらい?

白髪ぼかしハイライトについて、皆さんが気になっていることの1つが、ハイライトを入れる頻度なのではないでしょうか?

白髪の量や生える周期により異なりますが、基本的には毎回施術を受ける必要はありません!

通常は、2〜3回に1回の頻度で白髪ぼかしハイライトを入れます。

例えば、1か月半に1度の頻度で美容院に通った場合、下記のようなペースが理想的です。

最初に白髪ぼかしハイライトを入れた日

1か月半後 カラーのみ

1か月半後 カラーのみ

1か月半後 白髪ぼかしハイライト

ですが、白髪染めで髪を暗い色に染めていた期間が長い方の場合、髪色が明るくなりにくい傾向にあります。

そのため、希望される髪色の明るさによっては、2回目も同じくハイライトを入れなければならないこともあるため、注意が必要です。

ベースの髪色がそれなりに明るくなれば、白髪ぼかしハイライトを入れすい髪がほぼ完成したと考えて大丈夫です。

縮毛矯正と白髪ぼかしハイライトは同じ日にできる?

髪の状態により、可能ない場合とそうでない場合があります。

可能な場合でも、同時に施術を受けることには多少のリスクがあるため、できれば別の日に施術を受けると安心です。

白髪ぼかしハイライトの施術では、基本的にブリーチをしてからハイライトを入れます。

そのため、縮毛矯正の施術を受ける際のリスクが上がってしまいます。

また、ブリーチをした髪の毛に縮毛矯正をする場合、デリケートな施術になるため、通常の縮毛矯正と比較して、料金や時間が多くかかる場合もあります。

白髪ぼかしハイライトのまとめ

今回は白髪ぼかしハイライトについて解説しました。

白髪染めと白髪ぼかしハイライト、どちらにも良い点・悪い点があり、どちらがより適しているかは、生活スタイルや希望するヘアデザインにより異なります。

もちろん、場合によっては白髪染めの方が適していることもあります。

今回解説したメリット・デメリットを理解した上で、白髪ぼかしハイライトに挑戦してみてくださいね!

白髪ぼかしハイライトを入れれば、今まで白髪染めでは実現できなかった髪色を手に入れられますよ!

いかがでしたか?

千里の道も一歩から、毎日コツコツ積み重ねていきましょう!

パーソナルジムgrit.は、トータルビューティスタジオとして、最新の美容学、スポーツ医学、栄養学、脳科学、心理学を用いて、痩せたい人、体型を維持したい人、引き締めたい人、筋肉をつけたい人、ダイエットしたい人、メンタルを強く、安定させたい人、など美しくなりたいあなたにコミットしていくパーソナルジムです。

福島県郡山市のスタジオに来ていただければ皆さんの体を理想の体型に導くためのご提案をさせていただきます。

一人一人の目的や体力、性格に合わせたオーダーメイドのトレーニング方法によって、今まで史上最もあなたに寄り添う体作りを提供します。

理想的な体を一緒に手に入れましょう!!